炭酸水ダイエットのやり方

炭酸水ダイエットのやり方

炭酸水ダイエットのやり方は、とても簡単です。

炭酸水を手作りして、毎日飲むだけです。

クエン酸を使うので、暑い季節に嬉しい、さわやかな味わいになります。

 

~炭酸水の作り方~

①重曹小さじ2分の1(約1g)を使います。
重曹は「掃除用」ではなく「医療用」と表記のあるものを使います。
薬局で指定して買いましょう。
重曹はナトリウムを含むので、1日5g以上の摂取はしてはいけません。
5g以内なら、飲み方は自由に調整してオーケーです。②クエン酸小さじ2分の1を用意します。

③水200ml(1カップ)で重曹とクエン酸を割ります。
冷えた水のほうが、炭酸水の風味が良くなります。
冷えが気になるのなら、常温の水道水を使いましょう。
ミネラルウォーターを使っても大丈夫です。
200mlで炭酸が弱いと感じたら、50ml減らして、150mlでつくってみましょう。

これで、炭酸水はできあがりです。

あとは、これを飲んでダイエットするだけです。

とても簡単ですね。

☑炭酸水の飲み方

炭酸水ダイエットでは、飲み方に決まりがあるので、それを守って続けましょう。

❏食べる前か食べながら炭酸水を飲む

炭酸には、食欲のバランスを正すはたらきがあります。

食べ過ぎていたら抑えてくれるし、食欲がないときは増やしてくれます。

食べ過ぎがちな人は、食前に飲むと良いでしょう。

どうしたら、自分の食欲が良い具合に落ち着いていくか、最初の3日間でいろいろ試してみましょう。

❏1日3~5回に分けて飲む

炭酸水は1日分を、3~5回に分けて飲みましょう。

一度にまとめて飲むのではなく、分けて飲みます。

食事やおやつのタイミングに合わせて、小分けにして飲むと効果的。

ただし、重曹は1日5g以上摂取してはいけません

もっと飲みたいときは、市販の炭酸ウォーターを飲むようにしましょう。

 

消化管潰瘍のある方、腎臓や心臓、肺機能に障害がある方、電解質失調のある方は、炭酸水ダイエットをする人は、重曹ではなく市販の炭酸ウォーターを使いましょう。

また、妊娠、授乳中の方も、重曹は避け炭酸水だけにしたほうが良いです。

 

☑炭酸水ダイエットをおすすめする理由

炭酸水ダイエットは、食べる量を減らそうとがんばる必要はありません

いつも通りに食事をしているだけで、みるみるヤセていきます。

それが炭酸水ダイエットのすごいところです。

食事と一緒に炭酸水を飲むことで、自然と食べる量がコントロールされて、食べ過ぎ防止になります

 

また、便秘解消効果もあるので、その面でもダイエットに効きます。

ダイエットをしても、なかなか体重が減らずに悩んでいる・・・という方は、炭酸水ダイエットがおすすめ。

重曹とクエン酸を買ってくればすぐできるので、お金もそれほどかかりません

人によっては、クエン酸を飲みにくい、という感じる場合もあるので、そういうときはレモン汁で代用できます。

3週間程度で、食事の量をガマンすることなく、3キロの減量効果が得られる炭酸水ダイエット、すごいです!

関連記事はコチラ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL

CAPTCHA